« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月30日 (日)

ふるさと旅行村 2

朝からの雨模様、この雨は少しばかりの涼しさも いっしょに

もたらしてくれた、秋を呼ぶ雨となりました。

暑い毎日が続いた9月も、いよいよ終りますね~

0709301

0709302

0709303

0709304

0709305

0709306

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月29日 (土)

ふるさと旅行村

秋の夜長、虫たちの奏でる音色を聞きながらPCの前に

座っています。やっと夜は涼しくなってなってきましたが

日中の暑さは、相変わらずの毎日です。

ふるさと旅行村のある久万高原町は名前のとおり高原の町で

吹く風も涼しくて爽やか、彼岸花は咲誇り、コスモスは風に揺れ

秋を満喫です。

0709291

0709292

0709293

0709294

0709295

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月28日 (金)

岩屋寺

四国霊場八十八ヵ所 第45番札所 「岩屋寺」

背後に奇岩、怪石をひかえたところにあり、本堂は

覆いかぶさるような巨岩の下に建っています。

山門と参道を登る大勢のお遍路さんたち

0709281

0709282

ここにも年季の入った大木がそびえています

0709283

本堂に覆いかぶさる巨岩

0709284

0709285

0709286

0709287

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月27日 (木)

大宝寺

四国八十八ヶ所、第44番札所 「大宝寺」

境内には杉や檜の大木(推定樹齢800~1000年)が

そびえたち幽玄な雰囲気を醸し出しています。

0709272

0709273

0709274

0709275

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月26日 (水)

伊丹十三記念館

残念ながら、館内は撮影禁止と云うことで首にかけていた

カメラも撮ったのは建物の概観くらいでした。

伊丹十三さんファンならば、価値あるものでしょうが、常設展示室と

企画展示室の2室を見終えるのに5分、それで800円の入館料は

ちょっと高いですね。

伊丹十三記念館

0709264

0709261

0709262_2

0709263

ガレージには伊丹十三さんの愛車、ベントレーが展示されており

展示品で写真撮ったのは、これだけでした。

0709265

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月25日 (火)

三津の渡し

松山市の西部に位置する三津港に500年近い歴史をもつ

「三津の渡し」があります。 対岸まで80m、3分の距離と時間を

のんびりと結んでいます。この渡しは市営で無料。

0709251_2

情緒のある渡し船です。

大人から子供まで、そして自転車も乗り込んでいるようです。

0709252

対岸の船着場(写真中央)までの80mは海の上ですが市道と

なっています。

0709253

0709254

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月24日 (月)

イモカタバミ

ムラサキカタバミを見つけ、ファインダー越しに見ていると

いつものムラサキカタバミよりも、花が少し大きいし、花弁の

形も違うし、何か変だな? と思いながら早速調べてみました。

ムラサキカタバミは葯が白く、黄色いのは類似種の「イモカタバミ」と

図鑑の説明で納得です。

「イモカタバミ」

0709241

0709242

0709243

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月23日 (日)

港の夕暮れ

本日は「秋分の日」

日暮れも随分早くなり、夜が昼よりも長くなっていきます。

秋の気配はありますが、秋は姿を隠したまま、どこに居るのでしょう。

日中の最高気温は30℃を超え連日の真夏日で彼岸花も

この暑さの影響で開花が遅れているそうですね。

三津港で停泊中の船舶と夕焼け

0709231

0709232

0709233

0709234

0709235

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月22日 (土)

白い彼岸花

9月も下旬、夜になると虫たちの合唱も始まり少し秋を感じる

こともできます。しかし、日中は相変わらず暑い毎日が続いて

おり、真夏のギラギラした太陽の光ではないですが、とにかく

暑いですね。

散歩の途中で「白い彼岸花」見つけました。

0709221

0709222

0709223

0709224

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月21日 (金)

公園風景

秋の全国交通安全運動が今日から30日まで実施されます。

飲酒運転の罰則が強化された改正道交法も19日から施行

されたばかりで、飲酒運転根絶にむけて、検問、取り締まりに

力をいれると言うことです。

いつもの散歩の途中、公園での風景

0709211

桜の木も葉を落とし始めました。

0709212

0709213

0709214_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月20日 (木)

杖の淵公園

残暑、厳しい毎日 今年のお彼岸は汗を拭いながらの

お墓参りになりそうですね。

杖の淵(じょうのふち)公園

今から約1200年余り昔、渇きに耐えかねた弘法大師がこの地を訪れた際

持っていた杖を地面に突き立てて念仏を唱えたところ、水がこんこんと

湧き出したとの言い伝えに由来、この弘法大師にまつわる伝説から「杖ノ淵」と

命名され、今も泉のほとりには弘法大師の銅像が建てられています。

豊富で清らかな湧水は昭和60年に環境庁から全国名水百選の

ひとつに認定されているそうです。

0709201_2

0709202

0709203_2

0709204_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月19日 (水)

実りの秋

秋晴れの良い天気なのですが、太平洋高気圧に覆われ

まだ「夏」が居座っています。

本日の最高気温、松山では33℃残暑は、いつまで続くのでしょう。

「暑さ、寒さも彼岸まで」 ??

収穫の秋、稲穂が重そうです。

01

02

03

04

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月18日 (火)

彼岸花

9/16UPの記事、「心の宇宙を見た女」のアクセス件数が

異常に多かったので、何で? と思っていたら@niftyトップページ

「旬の話題ブログ」コーナーに紹介頂いておりました。

スタッフの皆さん、ありがとうございました。

彼岸花、名前のとおり彼岸のころに咲き始めます。

0709181

0709182

0709183

0709184

0709185_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月17日 (月)

ヒメアカタテハ

曇り空で時々、小雨が降る生憎の天気の敬老の日

日中の気温は30℃を超え蒸暑い一日となりました。

夜になっても、吹く風は生暖かい南風、涼しくなりませんね。

センニチコウの花とヒメアカタテハ

0709171

0709172

0709173

0709174

0709175

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月16日 (日)

「心の宇宙を見た女」

東シナ海を北上していた台風11号の影響でしょうか

本日は一日中、雨模様 時折り強く大粒の雨がアスファルトを

叩きつけるように降っていました。

「心の宇宙を見た女」 雨の日も、風の日も、暑い日も、寒い日も

いつも彼女は公園を見守っています。

でも、彼女に似合うのは 天気の良い穏やかな日ですね。

0709151

0709152

0709153

0709154

0709155

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月15日 (土)

蝶たち

昨日、雨が降りません なんて書いたももの夜から早速

降り始め、明方まで降っていたようです。予報では本日も一日曇りの

予定でしたが、今は青空が広がり良い天気になっています。

残念ながら昨夜の雨は涼しさを運んできてくれませんでしたね。

キチョウとアゲハチョウ

0709151

0709152

0709153

0709154

0709155

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月14日 (金)

九月の空

早朝だけは涼しさを感じるようになりましたが

日中は30℃を越える残暑厳しい毎日が続いています。

春の雨は一雨ごとに暖かくなると言われ、秋の雨は一雨ごとに

涼しくなると言われていますが、その雨がなかなか降りませんね。

九月の空 風景

0709141

0709142

0709143

0709144

0709145

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月13日 (木)

姉弟 孫たち

NHK木曜時代劇 「陽炎の辻」 毎木曜日午後8時から

11回連続で放映されています。毎回HDDに録画して後日

見ていますが、先日 主題歌が気になり 新妻聖子さんの

「愛をとめないで~Always Loving You~」のCDまで手に入れて

クルマの中で聴いています。ドラマも面白く、毎回楽しませて

頂いております。

孫たち (愛媛県総合科学博物館)

0709131

0709132

0709133

0709134

0709135

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月12日 (水)

レオナルド・ダ・ヴィンチ

大塚国際美術館は地下3階、地上2階の大きな建物で、中には

レストラン、カフェ、ミュージアムショップなどもあり、休息所には

大塚製薬だけに、ポカリスェット、オロナミンCだけの自販機もあり

さすがに、ボンカレーはなかったですが? 絵画の鑑賞に疲れたら

休むことも、お茶することも、食事までも OKです。

レオナルド・ダ・ヴィンチと言えば 「モナ・リザ」 が有名ですね。

リザという婦人をモデルに描いた女性像ですが背景には実在しない

大地と川の不思議な風景が描かれています。

「モナ・リザ」 77×53cm ルーブル美術館

0709124

「最後の晩餐」はレオナルド・ダ・ヴィンチが修道院の食堂の壁に描いた

もので、第2次世界大戦中に爆撃のため修道院は、ほぼ全滅しましたが

この壁だけは奇跡的に損傷を免れ、その後3年間屋根のないままに

風雨にさらされていたそうです。修復も幾度となくされ、オリジナルとは

異なって描かれている部分もあるそうです。

「最後の晩餐」 420×910cm 

サンタ・マリーア・デッレ・グラーツィエ修道院 食堂 (イタリア)

0709123

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月11日 (火)

大塚国際美術館

「大塚国際美術館」は大塚製薬グループが、創立75周年記念事業として

徳島県鳴門市に設立した日本最大の常設展示スペースを有する「陶板

名画美術館」です。館内には古代壁画から、世界25カ国、190余の

美術館が所蔵する現代絵画まで至宝の西洋名画1000余点を大塚オーミ

陶業株式会社の特殊技術によってオリジナル作品と同じ大きさに再現して

います。それらは美術書や教科書と違い、原画がもつ本来の美術的価値を

真に味わうことができ、日本に居ながらにして世界の美術館が体験できます。

(パンフレットより)

まず、正面玄関を入ると長い、長~いエスカレータで上へ

0709111

上がりきると、そこにエントランスホールがあり、ところが ここは地下3階

どうして?? 今、登ってきたエスカレータは何だったの?

この疑問は受付のキレイなお姉さまが、すぐに解消してくれました。

さて、あなたは分かりますか?

ところで、鑑賞のスタートです。

システィーナ礼拝堂壁画(ヴァティカン)

0709112

0709113

0709114

0709115

0709116

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月10日 (月)

睡蓮

このところ、やっと朝夕涼しさを感じるようになってきましたが

まだまだ、日中は暑い日が続いています。

先日、鳴門へ行った時 「大塚国際美術館」へ寄ってきました。

その美術館の中にある「モネの大睡蓮」を展示している周辺の池に

咲いていた睡蓮です。

0709102

0709103

0709104

0709105

0709106

「大塚国際美術館」については、明日から順次 紹介していきたいと

思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 9日 (日)

ウワッ!出たぁ~

最初の恐竜が現れたのは今から2億2千万年ほど前、中世代の

三畳紀の後半だそうで、三畳紀、ジェラ紀、白亜紀にかけて

出現以来1億6千万年近くも栄えて白亜紀の末、今から

6550万年前に絶滅してしまったそうです。

ティラノサウルスとトリケラトプス

0709091

0709092

0709093

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 8日 (土)

案山子

松山近郊では稲刈りの光景をあちらこちらで見かける

ようになってきました。実りの秋、案山子の役目も大変ですが

お役御免の日まで後もう少し、頑張りましょうか。

0709081

0709082

0709083

0709084

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 7日 (金)

大鳴門橋

「渦の道」と呼ばれる大鳴門橋の橋桁空間に設置された遊歩道が

あり、450m先の展望室まで海の上を歩いている気分に。。

ガラス越しに見下ろせば海面まで45mの高さはスリル満点です。

0709071

0709072

0709073

0709074

0709075

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 6日 (木)

鳴門海峡 3

鳴門海峡に発生する渦潮の大きさは直径20mにもなり

大潮の時、最大流速は時速20kmにも達し、この激しい

潮流から発生する轟音から鳴門(鳴る瀬戸)の地名が

生まれたと言われています。

0709061

0709062

0709063

0709064

さて、観潮船も鳴門海峡とのお別れです。

0709065

一路、港に向かって

0709066

3日間、「鳴門海峡」にお付き合い下さいまして

ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 5日 (水)

鳴門海峡 2

潮流がうず巻く鳴門海峡、昨日の続きです。

鳴門海峡は鳴門市の大毛島と淡路島の門崎との間約1300mの

狭い瀬戸です。この海峡を境として潮の干満により瀬戸内海側と

紀伊水道側に潮位の差が生じ、それが早い潮流となり、複雑な

海底の地形ともあいまって、うず潮ができると言われています。

潮流が早くなってきました。

0709051

0709052

潮流の中、行き来する船

0709053

0709054

激しい潮流

0709055

0709056

お待たせしました。いよいよ、うず潮の出現です。

0709057

0709058

鳴門海峡編、まだまだ明日も続きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 4日 (火)

鳴門海峡 1

四国の東端、徳島県の鳴門海峡へやってきました。

では、潮流が渦巻く 鳴門海峡へ渦潮観潮船で出発です。

0709041

0709042

港を出ると

0709043

すぐに大鳴門橋が見えてきました。

0709044

鳴門海峡がすぐそこに。

0709045

0709046

潮の流れが見えはじめました。

0709047_2

残念ながら、本日は序章だけになってしまいました。

本編は明日になりそうです。

お楽しみに~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 3日 (月)

シロツメクサ

朝の通勤時、久しぶりに登校中の生徒たちを見かけました。

小中学校の長い夏休みも終わり、二学期の始まりですね。

芝生の中央付近でシロツメクサが十数本、芝刈りしたばかりと

思われますが、芝刈りされた方たちの行届いた配慮に感心

致しました。

0709031

0709032

カラスも散歩していますね。

0709033

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 2日 (日)

蝶たち

厳しい残暑は、いつまで続くのでしょうか。

本日も最高気温は30℃を超え、最低気温は26℃と

真夏日となりそうです。

全国版の天気予報を見ていると全般的に北日本は涼しく

西日本は暑い、この暑さを明日には少しながら北へおすそ分け

出来そうな気配です。

蝶たち

0709021

0709022

0709023

0709024

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 1日 (土)

ツユクサ

いよいよ 九月、本日は 「防災の日」

各地で様々な災害に備えての訓練が行なわれていたようですね。

ツユクサを撮るために地面に座り込んでカメラを構えていると

背中に視線を感じ、振返ると子猫がこちらをジッと覗いており

この黒い子猫、この辺では見かけない新顔さんで眼が合うと

すぐに逃げて行きました。

0709011

0709012

0709013

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »