« 鳴門海峡 1 | トップページ | 鳴門海峡 3 »

2007年9月 5日 (水)

鳴門海峡 2

潮流がうず巻く鳴門海峡、昨日の続きです。

鳴門海峡は鳴門市の大毛島と淡路島の門崎との間約1300mの

狭い瀬戸です。この海峡を境として潮の干満により瀬戸内海側と

紀伊水道側に潮位の差が生じ、それが早い潮流となり、複雑な

海底の地形ともあいまって、うず潮ができると言われています。

潮流が早くなってきました。

0709051

0709052

潮流の中、行き来する船

0709053

0709054

激しい潮流

0709055

0709056

お待たせしました。いよいよ、うず潮の出現です。

0709057

0709058

鳴門海峡編、まだまだ明日も続きます。

|

« 鳴門海峡 1 | トップページ | 鳴門海峡 3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鳴門海峡 2:

« 鳴門海峡 1 | トップページ | 鳴門海峡 3 »