« 金毘羅寺四本杉 | トップページ | 秋桜 »

2007年10月 6日 (土)

赤蜻蛉

南海地震は紀伊半島の熊野灘沖から四国南方沖を震源とする

周期的な巨大地震の呼称で最も新しいものでは、1946年12月21日

午前4時19分に和歌山県潮岬沖で発生したマグニチュード8.0の

昭和南海地震があるそうです。

この南海地震、今後30年間で50%の確率で起こると言われています。

日頃より地震に対する心構えは必要ですね。

顔から尾の先まで全身が真っ赤のトンボ

「ナツアカネ」だと思われます。

0710061

0710062

0710063

0710064

|

« 金毘羅寺四本杉 | トップページ | 秋桜 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。