« 9月のフライブルグ城 | トップページ | 薔薇と紅葉葵 »

2009年9月 2日 (水)

百合の花

自民党が消費者庁設置を前倒しして、初代長官に

内閣府の内田俊一元次官を押し込んだことに、

「脱官僚主導」を掲げる民主党は政権交代後の長官

交代を模索する考えを表明、消費者行政の一元化を

担う同庁ですが、1日に見切り発車したため苦情・相談を

受け付ける「ホットライン」は間に合わないとか、入居する

民間の高層ビルは年間賃料8億円とか、民主党の鳩山

由紀夫代表は、「なぜ、急ぐ必要があったのか、民主党が

政権を獲った後なら、もっといい形にできたし、変更する

可能性はある」と批判をされていました。

無駄使いと天下り、徹底的にメスを入れて欲しいものです。

百合の花

0909021

0909022

0909023

|

« 9月のフライブルグ城 | トップページ | 薔薇と紅葉葵 »