« 大宝寺のうば桜 | トップページ | 松山総合公園、春の訪れ »

2010年3月23日 (火)

うば桜

この桜は根回り2.8m、樹高5mで特別高くはないですが

根張りがよく、その姿態は美しい。松山地方では早く開花

する種類で彼岸桜の仲間で、和名エドヒガンと言います。

むかし、この地の角木長者の娘が長い病床にあったが、

乳母のお袖が必死になってお薬師さまにお願いをして、娘は

回復し、その後、乳母のお袖が急病になり、「私はお嬢様の

身代わりをお薬師さまにお願いしたのだから嘆かぬようにと

ただ、お嬢様の病気回復のお礼に寺に桜を植えてほしい」と

遺言して世を去り、それでこの桜を乳母桜。姥桜と呼ぶように

なったと伝えられています。

(松山市教育委員会文化財課HPより)

大宝寺のうば桜

1003231

1003232

1003233

1003234

1003235

1003236

|

« 大宝寺のうば桜 | トップページ | 松山総合公園、春の訪れ »