« 松山総合公園 | トップページ | 金魚草 他 »

2014年5月22日 (木)

カルミア

蕾はコンペイトウのような形で、花が開くと皿形になり蕾から

花は想像できない印象を受けます。

雄しべの先は花弁のくぼみの中に収まっていて、この雄しべは

飛来した昆虫などによって刺激を受けると飛び出して、花粉も

散るという仕組みをもった花だとか。

カルミア (松山総合公園)

1405221

1405222

1405223

1405224

1405225

1405226

ウォーキング  10680歩

|

« 松山総合公園 | トップページ | 金魚草 他 »