« 戦時中の遺跡(大久野島) | トップページ | 戦時中の遺跡(大久野島)3 »

2015年12月15日 (火)

戦時中の遺跡(大久野島)2

火薬庫跡、北部砲台跡

芸予要塞時代、島内には22門の大砲が設置されていて

それらの砲台の弾薬や火薬を保管していた倉庫

毒ガス工場時代には化学兵器の製品置き場として利用され

朝鮮戦争当時はアメリカ軍が弾薬庫として使用

倉庫の海側の土手は海や対岸から見えないように人口的に

盛り土をしているそうです。

戦時中の遺跡(大久野島)2

1512151

1512152

1512153

1512154

1512155

ウォーキング  10057歩

|

« 戦時中の遺跡(大久野島) | トップページ | 戦時中の遺跡(大久野島)3 »